うつ、双極性障害者が就職できなくても、頑張るのをどうしても止めたい

スポンサーリンク
うつ、双極性障害者が就職できなくても、頑張るのをどうしても止めたい 転職
スポンサーリンク



ペン太
ペン太
こんにちは。
双極性障害が発症してから人生が厳しい。
ペン太(@pentaaaa34)です。



双極性障害になって、退職に追い込まれた男です。


「鬱」や「双極性障がい」って本当に辛いですね。


発症した大きな原因である職場に通い続けるのは困難。


かといって休職中に転職活動できるような余裕があるはずもない。


結果、退職に追い込まれて、再就職を目指す。


でも、精神障がい者であることを明かして就職できるはずがない。




もう周りの人間すべてが敵に見えます。




そんな状況でも頑張り続けるあなた。


経験者だからこそ言います。


その頑張りはやめておいた方がいい。





スポンサーリンク

精神障がい者は就職できなくても絶対に頑張る






まずは私の実体験から学んだことを含め、止めたい理由の前提条件である


精神障がい者が再就職に向けて頑張ってしまう理由


について書いていきます。



もともとが「真面目」「完璧主義者」



「うつ」や「双極性障害」になってしまう、あなたのことです。


きっと、

「期待に応えなきゃ」
「他のみんなも頑張ってる」
「やり始めたからにはちゃんと仕上げたい」



仕事をやる上で、どれかは思ったことがあるのではないでしょうか。


さらには、その姿勢を評価されてより期待されたり、他の仕事ももらえたり。


期待され、評価されたことが嬉しくて、また頑張る。


その繰り返し。


その結果、あなた自身が抱えきれないほどの


期待と評価=プレッシャー


仕事=負担




それらによって、あなたの心が悲鳴をあげたのが今。


そうではないですか?


私もそうでしたから。


自分がおかしくなるほど頑張ってしまうあなたです。


うつになったからってその本質が変わるはずがありません。


絶対に再就職しようと、限界以上に頑張ってしまうのです。





金銭面、環境に不安があるから



私が精神に異常をきたして、退職に追い込まれながらも、がむしゃらに行動を始めたきっかけは2つです。


お金
不安




お金は生きていくためには不可欠です。


人間生きているだけで、恐ろしいほどお金が必要になります。


働かなければお金が得られない。


つまりは、働かなければ生きていけない。


私はお金が無くなったことで、必要に迫れられて就職活動を無理やりやっていました。




そして、不安。


お金が無くなっていく不安


何もできず、何もしていないことから感じる不安


家族に迷惑をかけていることにより、負担になっているという不安


世界から必要とされていないと感じる不安






これら全てを感じていました。


生きているからこそ感じる不安。


しかし、この不安感は精神障害の身にはつらく、常に焦燥感にさいなまれていました。


時にはこの不安に耐えられず、パニックを起こしたこともあります。


症状が少し良くなったり、薬で緩和されているからこそ、こう思うのかもしれません。


まだ生きていたい。


必要とされたい。


負担になりたくない。






これらの不安から逃げようと、私はまだ不安定な精神状態で仕事を探し始めました。





うつ、双極性障害者が就職しようと無理に頑張るのを止めたい






不安に駆られ取り組む就職活動。


取り組み始めてしまえば、真面目に取り組む性格。


就職しようと全力以上で取り組み、今以上に心が疲れるのは目に見えています。


だからこそ私はそれを止めたい。



お金が理由なら、各種保険を使ってでも休むべき



生きるために不可欠のお金。


なくなっていくのは不安以外の何物でもありません。


使える制度はなんでも使いましょう!


健康保険の傷病手当
自立支援医療
障がい者手帳




参考サイト
→ うつ病になってしまったら・・・「お金」の不安を減らす3つの制度


お金の不安を減らすために、これらの制度があります。


正直、私はそれらを調べる余裕すらありませんでした。


数か月休養したところで貯金が尽き、仕事を探さざるを得なくなりました。


結果、就職活動におけるストレスにより、悪化。


ただの馬鹿です。


まずは


お金の不安を少しでも減らし、しっかり休んでください


今は世界があなたを必要としていないように感じるかもしれません。


それでもいいじゃないですか。


世界が必要としていなくても、あなたを必要をする人は必ずいます。


今、あなたには見えていないだけです。


それにあなたが気づけるようになるまで、まずは休んでください。





無理に就職活動を頑張っても、再発するから



不安に駆られ、がむしゃらに就職活動し、何とか入社できた。


再発します。


それが私です。


無理をおして就職活動して悪化。


しばし休養した後再び挑戦。


何とか就職したものの、


新しい環境からくるストレス


どこにでもいるパワハラ上司からの暴言


再発です。


今は私も薬や自己コントロールを駆使し、「なんとか」働けていますが、いつ限界が来るかわかりません。


だからこそ、強く思うのです。


あなたには同じ目にあってほしくない。


しっかり休養をとって、復活したように思えるかもしれません。


でも、一度壊れたものは元通りにはならないのです。


ちょっとしたきっかけで、再び壊れます。


前よりもさらにコナゴナに。


そうならないためにも、ここでも制度を利用してください。


障がい者の就労移行支援




自分が精神障がい者であることを明かし、それでも採用してくれる企業を探す手伝いをしてくれます。


他にも、ストレスマネジメントや企業での実習。


あなたが思う以上にストレスに敏感になっている、私たちの体。




使えるものはなんでも使って、あなたが少しでもあなたらしくいられる環境を探しましょう。




私が心からおすすめできる就労移行支援業者のリンクを置いておきます。


【シゴトライ】



国からの支援で、基本的には料金もかかりませんし、


何よりも就職後の定着率が高いです。


どうか無理することなく、これからもまだまだ続く人生を快適に過ごせることを祈っています。




コメント

タイトルとURLをコピーしました